バイクを売却することにした

3年前に購入した大型バイクを6月に売却することに決めました。

バイクを降りる理由は、

  • バイクでやりたかったことを達成した(行きたいところにほとんど行った)
  • 転倒事故と速度違反をして、「重大な事故になる前に身を引くべき」と考えていた。
  • 長距離の高速道路が苦痛に感じるようになってきた。
  • 低所得のため、メリハリのあるお金の使い方が必要。引くべきときには引く。
  • 次に僕が成し遂げたいことをするには、時間とお金が必要。バイクを売却することが一つの手段。

こんなところですね。

 

友人には、「バイクを売ってしまうのは勿体ない」と言われますが、後悔はありません。

 

自分で決めたことです。

 

僕はバイクに乗れて(やりたいことを実現できて)、とても満足しています。

このまま死んだら本当にクソみたいな人生だと思い、僕はもう一度バイクに乗ることを決意しました。教習所で大型二輪免許を取得することから始まり、新車でバイクを購入して、本当にいろんな道を走りました。バイクに乗るたびに生きていることを実感でき、「これこそ俺の人生だ!」と充実感を感じることができました。

バイクを通して得た経験や感動は、僕の一生の宝物です。

 

僕のバイクライフ、Priceless