アセットアロケーション 2017年3月末

今月からリスク資産の管理をメインに行っていこうと思います。

僕は今まで大きく3つのカテゴリに分けて資産配分を考えていました。

  1. 特定口座(NISA含む)
  2. iDeCo
  3. バランスファンド(セゾン投信)

しかし、これからは1と2をまとめて同じ資産配分として考えようと思います。

その理由は、

  • まとめた方が資産管理が楽になる
  • リスクの取りすぎを防げる
  • 資産運用ブログを見渡しても、誰も分けて管理していないwww

ってとこですね。では、さっそく・・・

特定口座(NISA含む)とiDeCoを合算したらこうなった

下記グラフは、今まで分けて管理していた特定口座(NISA含む)とiDeCoを合算したアセットアロケーションです。

株式:70.9% 不動産:8.5% 債券:20.5%

iDeCoは100%株式で運用しているので、どれくらい株式の割合が高まるのかが懸念でした。でも、そこまで偏った資産配分にはなりませんでした。

しかし、気になるのは新興国株式の割合。新興国株式は本当にリスクの高い資産で、値動きも奇想天外。新興国株式の割合が高いと、不安になることが多いです。僕は過去に新興国株式で痛い目に合っています。全体の4分の1程度、25%程度まで割合を下げたいと思います。

※SBI証券のポートフォリオのページから、CSVファイルをダウンロードして、それをエクセルにコピペすれば自動的にグラフが表示できるようにしています。毎回、数値を入力するのは面倒ですからね。

各銘柄の詳細は僕の積立ファンドまとめ