500万円で高級車を買うか、資産を買うか

僕は高級車が好きです。理由はデザイン性に優れてカッコいいからです。高級車はデザインにコストを掛けることができるので、斬新でクールな車が多いのだと思います。

高級車の定義は明確に存在しませんが、一般的にエントリークラスで400~500万円ほどする車のことかなと思います。僕の今の資産は約1,500万。エントリークラスなら購入しようと思えば購入できると思います。

しかし、それは絶対にしません。

※もちろん、身分不相応というのが一番の理由ですがwww

500万円で貧乏神を買うことになる

車を購入すると維持費がかかります。

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 自動車任意保険
  • 自動車税
  • 車検代(基本料金+重量税+自賠責保険+印紙代)
  • 消耗品(オイル、バッテリー、ブレーキパッド、タイヤ、ワイパーゴムなど)
  • その他(洗車費用、高速代、駐車パーキングなど)

車種によりますが、1年辺りにかかるお金は20~30万円は確実でしょう。

お金だけに焦点を当てると、

500万円でキングボンビー(貧乏神)を購入するみたいなもん。

※キングボンビー:桃太郎電鉄というゲームに登場する、貧乏神に扮したキャラクターのことです。

1年間に20~30万円を摂取されるものを500万で購入するんです。20~30万という額は多くのサラリーマンの月収に相当します。つまり、1年のうち1ヶ月は車のためだけに働いていることになるんです。まあ、高級車を購入する人の月収は、20~30万の倍はあるとは思いますが・・・

じゃあ、500万円で資産(株式など)を買ったらどうなるか?

実際に、僕は28歳(2013年)のときに約420万円ほどで以下のETF(上場投資信託)を購入しました。

そのときはすごい緊張したのを覚えています。そこそこの車を一括で購入できるほどの金額ですからね。

ETFそのものは、時価で評価額が増えたり減ったりしますが、年に二回、配当金が得られます。今まで僕が得た配当金は、税引き後で、以下のようになります。

2014 2015年 2016年
1月 7,021円 33,854円 45,945円
8月 21,000円 36,584円 39,973円
合計 28,021円 70,438円 85,918円

※厳密に言うと、僕は配当金目的でETFを購入したわけではありません。配当金目的なら「iシェアーズ 米国高配当株ETF」など、もっと高配当なETFも存在します。

資産と負債の違い

単純にお金のリターンだけを考えるとこうなります。

方や、1年に20~30万円を摂取されるものを500万で買うか

方や、1年に約6万円を生み出してくれるものを500万で買うか

どちらがあなたにとって必要なものでしょうか?

ニューヨークタイムズのNo.1ベストセラー、「Rich Dad, Poor Dad(金持ち父さん 貧乏父さん)」の著者によれば、資産と負債の違いを以下のように説明しています。

資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるもののこと。

負債とは、あなたのポケットからお金を奪っていくもののこと。

もし君が今日働くのをやめても、資産は君のポケットにお金を入れてくれるが、負債はポケットからお金をとっていく。

「金持ち父さん 貧乏父さん」より

ほとんどの人は資産なんて購入しない。

多くの人は、働いても働いても一向に資産が増えることのないまま、同じ仕事や生活を定年までずっと続けます。

感情(欲)に振り回され、頑張って仕事をしてお金を貯める。そして、負債(本人は負債だと気づいていない)を購入して、幸せな気分になり満足します。しかし、その幸せな気分は一時的なもので、また刺激が足りなくなると、お金を貯めて、負債を購入・・・以下ループ・・・

働いても、働いても、一向に資産が貯まらない状態のことをラットレースと言います。 ラットレースとはネズミが車輪の中を永遠に走り続けること。ゴールのない永遠のレースです。

  • 金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む。
  • 負債を資産だと言う人が多すぎる。

「金持ち父さん 貧乏父さん」より

資産と負債、この2つの違いを知ることがとても大切です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/8/10時点)