僕は低所得者だった。結婚は無理ぽ・・・

僕は中小工場で働く工員です。先日、夏のボーナスが支給されたのですが、その額を見て改めて現実問題と直面しました。それは、僕は・・・

低所得者である

ということ。

支給額を見て愕然としました。

「マジかよ・・・30歳がもらう額じゃねーぞ・・・」

もう胸が締め付けられる思いでいっぱいでした。どんだけ格差社会だよ。こんなの恥ずかしくて誰にも相談できません。結婚なんて無理です。

世間を見渡せば、低所得でも結婚している人なんてごまんといます。しかし、僕は真面目か、結婚できたとしても、妻や子供が可愛そうに思えて仕方ありません。お金がないから周りの家庭と同じような贅沢なんてできないだろうし、子供に塾や習い事などお金をかけることもできないでしょう。子供は親を選ぶことはできません。

ある程度の所得がないと、結婚はリスクが大きいと僕は考えてしまいます。

  • 「収入が少ないので結婚はおろか、恋愛にも踏み切れない」(36歳男性)
  • 「結婚相談所や街コンでは年収ではねられる。ショッピングモールの家族連れを見て、ねたんでいる自分が嫌」(40歳男性)

「結婚できないの俺だ」 日本どうすんだ!!! 男性の3人に1人が生涯未婚に

  • 「いずれは結婚したいと思うんです。でも、自分の収入を考えると結婚してくれる人はいないだろうな……って」 (40歳男性)

「年収300万円の男性」は結婚の対象外か?

婚活パーティーなんて行ってる場合じゃないのかもしれません。

諦めるなら早い方がいい???

それは人生を諦めるという意味ではなく、別の人生の楽しみ方を選んだ方が、結果、楽しく生きられるということ。

中年になってから諦めるのは精神的なダメージが大きい。早い段階で取捨選択しておけば、また違った人生が切り開ける。もう僕は20代じゃないんだ。

現実と向き合わなければいけない。

そんなネガティブな気分です・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊 東洋経済 2016年 5/14号 [雑誌]
価格:690円(税込、送料無料) (2016/12/29時点)