iDeCo(イデコ)はSBI証券で運用しています

近年注目度を上げている年金制度、

個人型確定拠出年金

愛称 iDeCo(読み方:イデコ)

税制メリットが非常に大きい割に、認知度が非常に低いため、知っている人だけが得をする制度なんて言われています。資産運用ブログを見ても、iDeCoに加入している人は頭が良さそうな人ばかりです。もしくは、自立心が強い人が多いです。周りに頼らず、自分で何とかするという意識が強い人。

僕の場合で言うと、毎年4万1400円の節税です。毎月の掛け金23,000円(年間276,000円)が全額所得控除になり、所得税と住民税が減税されます。

※毎年11月になるとハガキ(小規模企業共済掛金払込証明書)が届くので、それを年末調整で会社に提出して申請します。

SBI証券の確定拠出年金サイトはこんな感じ

iDeCoは、銀行や証券会社など、数多くの金融機関で口座を開設することができるのですが、それぞれ口座管理手数料の金額がまるで違います。また、運用商品の種類や数も違います。いろいろ比較してから口座開設した方がいいです。

僕はSBI証券で運用しているので、簡単にどんな雰囲気か紹介したいと思います。

まずは、サイトのトップページ。

2017年1月にリニューアルして、全体的に明るく見やすくなりました。

続いて、これは僕の掛金配分です。

掛金は上限の月23,000円。僕はリスクを取って、100%株式の投資信託で運用しています。資産配分は、先進国株式50%、新興国株式50%です。具体的な商品は、DCニッセイ外国株式インデックスとEXE-i 新興国株式ファンドを利用しています。

オススメの参考書

「知っている人が得する制度」と冒頭で書いたのですが、投資の知識がないとこの制度の節税効果を最大限に利用することできません。ネットで自分で調べるか、参考書を購入した方が絶対いいです。iDeCoは60歳までお金を引き出すことができないなど、人によってはデメリットになることもあるんです。

こちらの本が初心者の方でもわかりやすくて人気です。ちなみに、僕も読みました。