シンプルは強い

ビギナーズラックという言葉があります。賭け事などに使う言葉で、初心者が往々にして得る幸運のことを指します。しかし、ビギナーズラックは偶然に起こるものではなく、ある必然性があります。それは、ビギナーは

「難しく考えない」

ビギナーは知識や情報がないので、直感によってもっともシンプルな手を持ってくる。シンプルな手は無駄がなく美しい。こういった動きにはスピードが加味され、力も最大限に発揮できる。そのシンプルな手が結果的に「勝ち」へとつながっていく。

人はものごとがわかってくると、だんだんと難しく考えるようになる。知識や情報が増え、考えが広がってくると、そこに迷いが生じてくる。ヒモが複雑に絡み合うと解けなくなってしまうように。つまり・・・

勝負は複雑にすればするほど「負け」へと近づく。

「勝ち」を求める人は、その動機や行動に自滅の要素をはらんでいる。「負ける」という行為の99%は「自滅」といっていい。

あるFXの億トレーダーは移動平均線1本とローソク足だけを見てトレードしています。ある有名なインデックス投資家のアセットアロケーションはとてもシンプルな構成です。結局、最後はシンプルに行き着くんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

負けない技術 [ 桜井章一 ]
価格:905円(税込、送料無料) (2016/12/5時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする